【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 山崎朝雲
山崎朝雲 「大葉子」が有名な彫刻家といえば、山崎朝雲でしょう。数々の名誉ある賞を始め、重要なポストに付いており、彫刻界を背負い続けた人物としても知られています。山崎朝雲は、1867年に筑前国博多櫛田前町に生まれ、幼少の頃より彫刻という世界に興味を持ちつづけていました。数々の有名な作品を作りつづけて行くだけでなく、当時の彫刻界をより盛り上げて行くために、数々の重役としても活躍をします。 彫刻家を目指した当初は、仏師でもある高田又四郎に師事をしており、彫刻の基礎をここで身に着けて行きます。元々、彫刻の技術力を伴っていた山崎朝雲だけに、そのセンスはとても高いものとして評価されていきます。1894年になると第4回内国勧業博覧会に出品をしており、宮内省に買上される程の腕前となっていました。しかし、まだまだ自らが思う芸術への実力からほど遠いと感じた山崎朝雲は、1895年に意を決して上京。高村光雲に師事をしていきます。 より、自らの技術に磨きをかけていった山崎は、より多くの賞などで活躍をしていきます。多くの作品づくりを通じて、その功績が認められたのか、1900年という節目の年には、なんと日本美術協会幹事として迎えられ、美術界への大きな尽力をする事となります。また、彫刻界を盛り上げて行くために、 同門であった平櫛田中と米原雲海らとともに日本彫刻会を結成していきます。 様々な活動をしていくなか、帝国美術院の会員としても参加。帝国芸術院会員となった後には、木彫による写実的表現に新生面を開くことでより日本の彫刻界に新しい扉を開いて行く事となったのです。そして、日々の制作、高い貢献度のおかげか1952年には文化功労者として迎え入れられる事となりました。数々の名誉ある地位を経験し、常に美術界の中心にいた山崎朝雲。自らの作品もさることながら、多くの功績を残したその人生は、現在でも数多くの人々の心に残っていることでしょう。これからも注目され続ける作家のひとりです。 山崎朝雲の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談