【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 帖佐美行
帖佐美行 帖佐美行は、日本の彫刻家として文化勲章を受賞した大作家です。数多くの美しく多くの 作品を生み出しつづけており、日本は元より世界でも非常に評価の高い作品を生み出しつづけている天才と言われています。さて、そんな帖佐美行なのですが、鹿児島県に生まれています。幼少の頃より彫刻家を夢みていた帖佐美行は、1930年小林照雲に師事をし、より研鑽を積み上げるために、1940年海野清に師事をしていっています。師事をしながら、実力を上げて行き結果的に数多くの作品を生み出す事となりました。しかし、なかなか日の目を見る事がなく辛い日々も続きます。 しかし、そんな時についに1942年に新文展で入賞をする事となったのです。名誉ある展覧会での入賞は、自らの彫刻家人生にも刺激を強く与えただけでなく、今後の作品作りにも大きく影響を与える事となります。結果的に、この入選をキッカケとして数多くの賞を受賞する運びとなります。 戦後は日展を中心に出品を続けて行くこととなり、日展でも特選などに入賞しては人気を集める事となります。さらには、その入選をした翌年にも特選となるという快挙を成し遂げるのです。こういった功績が高く変われる事となり、結果的に日展の審査員として推挙される事となります。自らも、新しい彫刻の世界を広げて行くために、1958年日本金工作家協会結成に参加しており、日展評議員に1962年現代工藝美術家協会結成に参加をしつづけます。 大きく日本の芸術世界への発展に尽力をした功績も今も広く知られています。さて、その活動を日々忙しくこなしながらも、自らの作品作りにも余念がなかった事も有名です。1966年日本芸術院賞受賞に、1978年日本新工芸美術家連盟を結成するなど精力的に活動を続けて行っています。 結果的に、1987年文化功労者として、さらには1993年文化勲章受章となるのです。素晴らしい作品作りを続けた帖佐美行。これからも、価値が上がって行くでしょう。 帖佐美行の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談