彫刻品買取 後藤一乗

後藤一乗 後藤一乗は、幕末から明治初期にかけて活躍した、装剣金工家です。数々の名作を生み出しつづけていた彫刻界の重鎮でもあり、その功績は現在でも高く評価され続けられています。後藤家の分家,後藤七郎右衛門家4代目重乗の次男として京都に生まれた後藤一乗。八郎兵衛謙乗の養子となり、新たな人生をそこから歩ようになっていきます。11歳の頃には半左衛門亀乗に師事をしており、数々の作品作りの基礎などを学んで行きます。 才能があった事が認められたのか、15歳という若さでありながらも八郎兵衛家6代目の家督を相続。八郎兵衛光貨という名で、顔となり制作活動を始めました。その後も、号を変化させながらも質の高い製品を生み出しつづけており、江戸の宗家四郎兵衛家の加役でもあった、大判の墨書書き改めや分銅の製作などを中心に行いつづけていた事で知られています。 そして、34歳の時に法橋に叙せられる事とんり,これ以降一乗光代を名乗って活動を続けることとなります。そして転機となっていったのが、孝明天皇の御剣金具を制作した事でしょう。素晴らしい技術とその出来映えに周囲が高い評価を下しており、結果的に翌年法眼の位を授かる事となります。そして、よりその制作活動の流れを円滑にするために、江戸に赴いた時に芝新銀座に住し1000人扶持を支給されているのです。 後藤家が持ち合わせている伝統的な技術をしっかりと引き継いでおり、作品は刀装具全般を中心に行っていた事でも知られています。伝統のある後藤家の中でも、その感覚は非常に自由であり、なんと松本謙斎に絵を習事もあり、花鳥や風景を題材にした写生風な作風で絵画作品も残していると言われています。 そして、後藤家では御法度でもあった鉄地おのも制作しており、別の号でも作品を生み出しつづけていたと言われています。常に革命的な作品作りを続け、周囲を驚かせていた後藤一乗。後藤一乗の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。彼の作品は、現在でも相当貴重なものとして崇められています。骨董買取においても注目されています。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ