【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 戸張孤雁
戸張孤雁 45歳という若さでこの世を去りながら、残した作品の数々が絶賛されている人物が、戸張孤雁です。彫刻家でありながら、版画も手掛けた人物であり洋風の挿絵の先駆者としても広く知られています。さて、そんな戸張孤雁なのですが、志村久蔵の長男として生まれています。若くしながらも、強い志を持ちつづけていた事もありなんと渡米をしています。 そして荻原守衛の跡を継いでおり、一流の彫刻家として名を馳せて行きます。創作的な版画を手掛けていた事でも知られており、その作品やアプローチなどは、日本国内でも斬新な試みであった事が知られています。さらに、1910年代に「孤雁新東錦絵会」を創設。浮世絵の技術を創作した新たな版画の世界を築き上げており、結果的に洋風版画などを生み出す先駆者としても広く知られている事となりました。 戸張孤雁の作品の大きな特徴としては、基礎的な部分を残しながらも、版画制作などの基礎を全く自己流として作ってしまうところだと言われています。色調による量感の表現や輪郭線などを一切用いる事がなく、完全に独自の流動感で表していった事が知られているのです。「千住大橋の雨」、「化粧」、「女」、「淵」など、数々の名作を生み出しており、日本は元よりも海外での評価が非常に高い事でも広く知られているのです。 メカニック・インスチチュート、ナショナル・アカデミーで挿絵、洋画を学んでいた事もあり、彫刻作品などにも絵画的なセンスや技術をつぎ込んだ事も、高い評価を獲得する作品を生み出すキッカケとなったのです。日本美術院彫刻部研究会員となり研究を続けたりと、多くの功績も全て自らの芸術活動のこやしとしていきます。 新たな版画の世界観を表現すべく、日本版画会を日本創作版画協会を創設。創作版画と版画の作り方を編集上梓して話題となりました。これからより、彼の作品は評価が高くなっていくでしょうし、高価となる事でしょう。戸張孤雁の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。目が離せない作家のひとりとなります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談