彫刻品買取 斎藤素巌

彫刻品買取 斎藤素巌

斎藤素巌 勲三等瑞宝章受章者であり、西洋的な魅力を持つ作品を数多く残した天才彫刻家が、斎藤素巌です。数多くの秀作は日本はもとより、海外でも高く評価されおり日本を代表する彫刻家としても名高い事で知られています。さて、そんな斎藤素巌なのですが、東京府東京市牛込区に生まれています。 東京府立第四中学校の在学時に、芸術分野への関心を強く深めていった事もあり、自らも芸術家としての道を歩む決心をする事となります。そして、自らの意思を強く持ち合わせていた事もあり、卒業後に東京美術学校に進む事となります。この時に、先行していたのは西洋画科でした。 しかし、途中で諦めるkとはなく、西洋画科を無事卒業します。しかし、絵画ではもの足りず、自らの芸術を極めるためにイギリスに渡っています。あの有名な、ロイヤル・アカデミーで彫塑を学ぶこととなり、日々大きな刺激を受けながら生活をしていきます。結果、1916年に帰国画科卒業をした後に本郷に落ち着きます。 田端文士村に転居し、そこで、自らの作品を数多く生み出す事となります。数々の名作生み出しつづけた事もあり、素晴らしい賞へも数々入賞しています。第12回文展で「敗残」が特選となった事で、斎藤素巌の名前は広く知れ渡る事となり、大きな話題となります。 造形力の力強さと、その繊細な技術が買われた事もあり、日名子実三とともに彫刻と建築の総合を目指す構造社を立ち上げます。当時の日本の建築界に強く影響を与えたこの構造社は、後にも語り継がれる立場となっていきます。さて、そんな斎藤素巌なのですが、彫刻界の発展にも尽力をしています。 1935年には帝国美術院会員、1937年は帝国芸術院会員。そして、1949年には日展運営会理事と多くの後進を育てます。そういった功績が認められ、結果的に1965年には、勲三等瑞宝章受章という名誉ある賞を受賞する事となりました。現在でも、評価の高い斎藤素巌。彫刻買取でも注目されつづけて行く事でしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ