【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 新海竹太郎
新海竹太郎 新海竹太郎は、日本を代表する彫刻家として活躍をした人物です。息子は、画家の新海覚雄である事も広く知られています。さて、そんな新海竹太郎なのですが、仏師の長男として山形県山形市に生まれます。始めは、芸術家ではなく軍人を志しており、19歳で上京後近衛騎兵大隊に入っています。 しかし、士官候補のテストなどに失敗しており、失意の毎日を過ごす事となっていきます。しかし、その時に作っていた馬の木彫りがなんと隊内で大評判となっていき、なんと上官の薦めで彫刻家を目指すようになるのです。 ユニークな経歴を持っていますが、その志を本気とした新海竹太郎は、後藤貞行に師事、次いで浅井忠にデッサン、小倉惣次郎に塑造を習っており、日々研鑽に研鑽を重ねることとなっていったのです。そして、実力をつけた事で1896年に軍の依頼により北白川宮能久親王騎馬銅像を制作し、彫刻家として第一歩を踏み出し始めたのです。 より、自らの芸術を磨いて行くために、渡欧、パリを経てベルリンに移りベルリン美術学校彫刻部主任教授ヘルテルに師事をします。海外で、新たにアカデミックな彫刻技術を身に着けた事で、より自らの芸術を確固たるものへとしていきます。 そして、数々の作品の功績が三留ら、中村不折らによって創設された太平洋画会の会員として参加します。新しい美術を発信する事で、日本の芸術をよりレベルアップさせる活動に尽力します。教育者としても優れた能力を持ち合わせた新海だけに、朝倉文夫・中原悌二郎・堀進二などの有名な彫刻家を育てあげています。 また、軍人で合った事や、自らがその世界を目指していた事もあり、北白川宮能久親王騎馬像のほか有栖川宮威仁親王、大山元帥、南部伯爵など、様々な軍人の騎馬像を仕上げている事でも知られています。新海竹太郎の作品は彫刻品買取においても高い需要を持ち合わせています。これからも、注目し続けられる作家となっていくことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談