【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 本郷新
本郷新 北海道札幌生まれの日本を代表する彫刻科が、本郷新です。新制作協会彫刻部創立会員として、新たな彫刻芸術の世界を生み出し続けることに尽力をしていました。さて、そんな本郷新なのですが、生まれは1905年。1919年に札幌第二中学校に入学しています。一度、都合で東京で暮らす事となったのですが旧制・北海中学、東京高等工芸学校彫刻部を経て彫刻への道を目指す事となっていきます。 幼少の頃より彫刻の紡ぎ出す美しい世界に魅了されつづけてきた本郷新は、将来も彫刻科として険しいながらも夢のある生活を送っておこうと心に強く決めていたという事で知られています。1928年になると、高村光太郎に師事をして、基礎から学びなおしていきます。研鑽を重ねて行き実力を兼ね備えた事で、1931年には国画会の国画奨学賞受賞しています。素晴らしい功績と品格を上げたことでも評価され、結果的に1934年には同人として迎え入れられています。 そして、常に伝統を重んじながらも斬新で新たな作風を求めつづけた事から、そういった運動をより強めて行くために、1939年新制作協会彫刻部創設に参加します。独特な造形力で作品を生み出す本郷新の感性がもっとも活かされた、そんな活動だったのではないでしょうか。そして、1944年には44年野間美術賞を受賞し、名実ともに名工としての地位を築き上げていったのです。 そして、より大きな組織で彫刻界を動かすべく、1945年日本美術会創設に参加し3年後には日本共産党に入党しています。入党後も作品づくりを疎かにする事なく、常に新たな作品づくりを続けて行きます。1953年日本平和文化賞を受賞。さらには、78年北海道文化賞受賞し1979年勲三等瑞宝章受章しています。 しかし、この受賞は周囲に反対されたと言われており、その境遇も独特でした。彫刻界の重鎮としても名を馳せた本郷新。その実力とともに、思いが込められた数々の作品は必ず価格を上げて行く事でしょう。 本郷新の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談