【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 杉田禾堂
杉田禾堂 大正時代から昭和時代に広く活躍をしていた鋳金家が、杉田禾堂です。芸術的な鋳金の技術を持ち合わせており、国内でも非常に高い評価を獲得しつづけている希代の鋳金家です。常に最先端の美術を追求しつづけていた事でも知られており、そのラディカルな方向性は孤立感も生み出していたと言われています。 しかし、そういった独特の世界観を持ち合わせていたからこそ、美しい作品を数々生み出す事ができており、その功績はこれからも広く知られて行く事でしょう。さて、そんな杉田禾堂なのですがこの世界を志してからは、津田信夫に師事をしており基礎を学びます。 元々、芸術肌でもあった事からか基礎を学びながらも、また新たな作品やアプローチがあるのではないかと、鋳金の頃を常に考えつづけている人物だったと言います。そして、鋳金家として大成した後にも数々の名誉ある職などで鋳金に関わって行きます。 若かりし頃学んだ母校でもある東京美術学校では、講師を努めており、数々の後進を芸術の世界に送り出しつづけていました。鋳金の技術向上を計っただけでなく、より上のレベルで世界的に広めて行くために、商工省工芸指導所では嘱託としても活動をしています。 大阪府商工技師なども勤め上げており、自らの作品作りにも余念なく向き合っていました。伝統的な部分を残しながらも、実に斬新で新しい作品作りを続けており、結果的に帝展や新文展、日展で多くの名誉ある賞を受賞しつづけて行く事となります。 常に工芸の最先端を考えていたという、本人の心意気が周囲を多く勇気づけていた事からも、全日本工芸美術家協会初代委員長として抜粋されます。まさに、指導者としての経歴も素晴らしいものを持ち合わせており、数々の功績を残しつづけて行く事となるのです。有名な作品には、「用途を指示せぬ美の創案」「真珠飾黄銅花瓶」などがあり、多くの人々に感銘を与え続ける作品として、現在も語り継がれています。 杉田禾堂の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談