彫刻品買取 桂光春

彫刻品買取 桂光春

桂光春 彫金石膏型など、彫金の世界で活躍を続けた人物が、桂光春です。大阪に生まれた彼の人生は、彫金という世界を築き上げてから、素晴らしいものとなっています。さらに、パリ万博だけでなく、シカゴ万博などに出品されていた事からも、その功績は海を渡り海外でも非常に評価されている事で知られています。 さらに、彼の作品の数多くは日本の重要な美術館に多く所蔵されており、その所蔵数も彫金家としてはなかなかの数となってるのです。さて、そんな桂光春なのですが、彫金額も非常に素晴らしいと評価をされています。味わい深い、伝統を感じさせる出来映えながらも、どこかモダンさを残した独特の作風は、他の彫金家には無いおもむきと技術の高さを感じさせる、そんな出来映えとなっているのです。 さて、そんな桂光春なのですが、東京葛飾で旧幕臣の桂信行の次男として生まれています。幼少の頃より、彫金の世界に興味を持ち始めており、1882年には、まだ10歳そこそこの年齢で何と、彫金家「豊川光長」に師事をして新たな世界を築き始めています。そういった経歴があった事からも、青年期に彫金の世界にのめり込む事により、数々の功績を後に残す大家となっていくのです。 何と、明治天皇銀婚式に際し、東京市より献上の御物を師光長と共に謹作するという、名誉ある仕事も請け負っています。さらには、信頼している師の元を離れることで独立をする事となった後、英国皇帝戴冠式に際し、皇室より、最上の献上の純銀製金象嵌大花盛器に鳳凰の図を作る事も命じられ、この大役を素晴らしい結果で終えたのです。 こういった数々の功績が認められながらも制作の手を止めることの無かった桂光春は、より評価が高くなります。ベルギー、リエージュ万国産業博に飾皿を出品大賞牌など、世界的にもその作品は高い評価を獲得しており、これからも桂光春の作品は彫刻品買取においても、注目され続けるでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ