【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 海野建夫

海野建夫

 「春想」「雨もよい」という名作をこの世に産み落とした、天才的な感覚を持ち合わせた世界的な彫刻家、彫金家が海野建夫です。その悠揚譲らぬ作品と繊細な技術で生み出される彫刻作品の数多くは、とても評価されており、数々の賞を受賞しているほどの腕前となっています。
 海野建夫ですが、「東京藝術大学大学美術館」に多くの作品が収納されている事でも知られています。国内屈指のこの場所で、多くの名作を見ることができる機会はそうないでしょう。海野建夫のファンならずとも、一度は足を運ぶべき場所としてオススメしています。
 1905年に東京都に生まれています。幼少の頃より、芸術的な世界に興味を抱いていた海野建夫だけに、そのまま東京美術学校へと入学する道を選んでいます。勿論、そこでも良い成績を数多く残しており、優秀な生徒でもあったという事です。そして、その東京美術学校を卒業した後には、自らの作品作りに没頭していきます。もともと、創造性そして造形美、さらにはモダンな感覚を持ち合わせていた事もあり、生み出される作品は様々な功績を残しています。 そして、注目すべきがその賞の獲得経歴ではないでしょうか。帝展に初入選を果たした後、怒濤の勢いで素晴らしい賞を受賞しつづけていきます。 海野建夫の作品は彫刻品買取でも高く評価されています。そして、1932年には7年特選と選ばれます。そういった功績が認められたのか1955年には光風会会員として、後進の技術の発展などに順力する機会を得ています。さらには、3年後には活躍を見せていた日展での会員として推挙されています。しかし、自らの芸術への魂を衰えさせる事は無く、日々自らの作品作りに研鑽していました。そういった努力から、1967年には、内閣総理大臣賞、芸術院賞など名誉ある賞を受賞することとなったのです。日本、そして世界的にも評価の高い芸術家、海野建夫。彫刻の世界は彼無しでは寂しいものになっていた事でしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談