【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 海野清

海野清

 日本でも有数の彫金家として知られている海野清。数多くの芸術的な作品を生み出しつづけており、その実力だけでなく美しい作品作りは、多くの人々に夢を与えたと言われています。人間国宝としても名を馳せている事もあり、日本の彫金界に大きな影響を及ぼすこととなった重要な人物の1人として知られ続けて行く事でしょう。
 さて、そんな海野清なのですが、海野勝眠の三男として生まれています。東京に生まれた事もあり、幼少の頃から数々の芸術作品などを見る機会に恵まれています。そういった事から、常に美的センスを身に着けて行く事となり、結果的に芸術家への道を摸索するようになりました。周囲の薦めなどもあり、東京美術学校金工科に入学。多くの基礎から応用技術などを東京美術学校金工科で学びます。東京美術学校金工科を卒業した後には、さらに研鑽を積む為に父に師事をしていきます。もちろん、それだけでは無く、加納夏雄にも師事をしておりよりその技術に研鑽を加えていきました。その後、1919年には母校で教授をする事となり、後進の技術発展に尽力します。さらに、自らの作品作りにも熱を入れていき、帝展特選受賞となります。その他にも、数々の賞などを受賞した経歴などが認められることとなり、結果的に、1929年から帝展、新文展審査員という名誉ある仕事を任されることとなります。この地位に上り詰めたとしても、自らの技術に慢心することなく、1932年教授を経て、フランスへ留学することとなります。西洋の彫刻という立体的な造形美を学ぶことにより、また新たに自分の持つ感覚を研ぎすますこととなります。そして1934年、帰国。この留学が彼の作風を変化させたのか。その年には、勲三等瑞宝章受章を受賞することとなるのです。そして、1955年に、重要無形文化財保持者として認定され、彫金界でも数少ない重鎮として鎮座する事になりました。数多くの功績を残す海野清。彼の存在はこれからも認知されていくと思います。海野清の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談