【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 清水多嘉示
清水多嘉示 清水多嘉示は、数多くの作品を残した日本を代表する彫刻家として知られています。長野県諏訪郡原村に生まれた清水多嘉示ですが、非常に多感な性格が災いしてか、諏訪中学校を中退しています。しかし、その才能は絵画に向けられており、その実力や才能は周囲の人々を驚かすものであった、と言われています。 さらに、当初は画家を目指していた事もあり、風景や人物などを重厚な色彩で重ねて生み出しつづけていたと知られています。また、その功績が認められた事もあり1919年県立諏訪高等女学校では、教師として教鞭を振るった事でも広く知られています。自らの芸術を高めるために様々な努力を惜しまなかっただでなく、後進の育成にも力を入れていた事からも高く評価されています。 さて、そんな清水多嘉示なのですが、二科展に入選をしており、渡仏するまでは出品する事で毎回入選を繰り返していたという、才能を持ち合わせています。1921年平野高等女学校や、岡谷蚕糸学校などでも教鞭をふるい、教育者としての評価も実に高めて行きます。そして、転機となったのが1923年に絵画を学ぶためにパリに渡った時の事でした。「サロン・デ・テュイルリー」でオーギュスト・ロダンの高弟、アントワーヌ・ブールデルの作品を見て、非常に感銘を受ける事となるのです。 そして、その出会いをきっかけに彫刻家への道を目指す事となったのです。ブーンデルに師事をしており、サロンドートンヌへ絵画や彫刻を出品しています。そして、1927年に毎回入選をしています。アルベルト・ジャコメッティ、藤田嗣治、イサム・ノグチ、小山敬三らと広い交友も持ち合わせており、数々の刺激を受けます。 その後、1953年芸術選奨文部大臣賞受賞に、1954年「青年像」で日本芸術院賞などを受賞。1958年日展評議員と1965年日本芸術院会員など名誉ある賞を数々受賞しつづけました。彫刻家として華開いた生活を送った事でも、今後とも注目度が高い作家としてしられます。 清水多嘉示の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談