【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 澤田政廣
澤田政廣 澤田政廣は、ステンドグラスなども手掛けていた国内きっての彫刻家として知られています。その繊細な技術だけでなく、数多く手掛けた作品は現在でも彫刻界のみならず、国内芸術分野でも高い功績を残していると言われています。 さて、そんな澤田政廣なのですが、1894年に静岡県の熱海市に生まれています。旧制韮山中学校に通っていたのですが、様々な理由から中退をせざる得ない状況となります。しかし、彫刻に代表されるものづくりの魅力に惹かれていた事もあり、山本瑞雲に師事をする運びとなっていきます。 そこで、彫刻の素晴らしさに心から気がつき、結果的に彫刻家としての人生を歩む事を心に決めていきました。結果的に、1918年に、東京美術学校彫刻科別科を卒業してから自らの名前で作品作りを続ける事となり、数々の名作を生み出しつづけて行きます。独立後には、数々の賞を受賞しただけでなく、大きく彫刻界に貢献を続けて行きます。 そのために、1931年には帝展審査員に選出されており、彫刻芸術の発展に尽力していました。さらに、新たな世界観を築いて行くためにも、三木宗策と正統木彫会を結成し、伝統的でありながらも、斬新で新たな世界観を打ち出した作品作りを続けていく事となっていきます。 日展審査員なども歴任した後には、日展運営会参事も勤め上げ、裏方としても高い功績を残していった事でも評価されています。もちろん、自らの作品作りも余念がなく、常に最先端の作品を生み出しつづけます。その結果、1951年には、芸術選奨文部大臣賞、1953年に日本芸術院賞受賞と名誉ある賞を受賞する事となったのです。 そして、数々の任務を歴任しながらも、その制作の腕を止める事はなく続けた結果、1973年の文化功労者や1979年の文化勲章受章、そして日本彫塑会名誉会長と、彫刻家として最高峰の地位にまで上り詰めていったのです。仏像彫刻を中心とした作品群は、国内のいたるところで人々に愛され続けられています。そのため、澤田政廣の作品は骨董買取においても評価が高いです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談