彫刻品買取 畠春斎

彫刻品買取 畠春斎

畠春斎 下茶の湯釜の製作において、数々の名声を手に入れている人物といえば畠春斎。彼の生み出す茶道具の数々は、茶をたのしなむものにとってみれば憧れであり、そして夢でもあります。畠春斎の生み出す数々の茶道具は、まさに茶人なら誰にとっても美しいと感じる事ができる、そういったバランスで生み出されていると言われています。さて、そんな畠春斎なのすが、1944年に2代目が生まれています。 湯釜などを作り続ける名門として広く知られており、初代も非常に高い名声を獲得をしていた事で知られています。さて、父である初代の畠春斎なのですが、この下茶の湯釜を制作した時には、なんと日本伝統工芸展初入選します。幼少の頃より、初代の活躍する現場であったり悪戦苦闘する現場を何度も見ており、自然とその実力を高めていったのではないでしょうか。 そして、日本伝統工芸展初入選を経て、数々の賞などにも入賞し、名声を強く上げて行く事になるのです。また、その入選回数もかなり多いと言われており、なんと同展を中心に出品し入選27回もしているのですから驚きです。同世代でも、素晴らしい作家達は数多く存在しているものの、ここまでの入選を繰り返す事ができる、そんな人物は非常に稀であると現在でも語り継がれています。 そして、その功績と高い技術力が認められ始めると、1973年日本伝統工芸展奨励賞を受賞、 そして1978年日本伝統工芸展日本工芸会長賞を受賞など、名実共に名工としての名を手に入れる事とになります。そして、そんな折、1982年に父親が他界した事をきっかけに、畠春斎の2代目を襲名することとなったのです。 まだ、父が生存していた時には、無地紋や霰紋といった伝統の茶などを制作していましたが、襲名した後には、自らの芸術性を最大限にアピールした、造形的な作品を発表。斬新で新しい茶の世界の研究しつづけます。これからも畠春斎は、彫刻品買取では注目される作家です。目を離さないでほしいですね。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ