【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 秦蔵六
秦蔵六 明治期から昭和期。混沌とした時代を常に最先端に駆け抜けた鋳金家が、秦蔵六です。代々、鋳金家という家系を守りつづけてきた人物の4代目が特に近年では名を知られており、その作品の数々は美しいだけでなく、造形美に溢れたあらたな世界観を導き出す美しいものばかりなのです。『純錫罐座』 『塗金銅花器 立鼓式』などといった代表作品を多く手掛けており、その独特の色彩感覚だけでなく、表面感を絶妙に美しく導き出しすテクニックは、これこそ代々受け継がれてきた、秦蔵六ならではという事で知られています。 さて、まず紹介した秦蔵六の4代目なのですが、2代目の秦蔵六から鋳金家としての基礎を学ぶ事となります。幼少の頃からこの世界を見ていた4代目だからこそ、その血を引き継いでいたのか、類い稀なるセンスで技術に研鑽を積み上げていきます。そして、4代目を襲名した後には、自らの作品を数多く世に広めるために、東京、そして大阪を中心に個展を開催しています。鋳金家として秦蔵六家の歴史なのですが、まずは初代が宮内省の命により御璽・国璽を鋳作した事で広く知られています。 その独特の作品と美しさを追求した世界観には、当時の数多くの方々が感動をしたと言われています。蠟型鋳造に関しては、まさに神がかった作品を数多く生み出しつづけており、その技術は当時においても本格的な名門としての名に恥じないものだったといいます。中国銅器写しなどにいたっては、他の名工達でも敵う事のない、そんな素晴らしい作品づくりだったという事が言われています。 そして、名門として日本中に名が知れわたった事柄が、将軍徳川慶喜の黄金印を鋳造した事でしょう。江戸中にこの名が知れ渡り、瞬く間にスターダムの階段を上って行ったのです。山城国愛宕郡に生まれ、その歴史は全てその場所から生まれます。現在でも、彫刻界では最高峰の人気を誇っており、これからの世界をより広く見せてくれる、そんな名門でもあるのです。 秦蔵六は骨董買取でも注目の人物です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談