彫刻品買取 菊池一雄

彫刻品買取 菊池一雄

菊池一雄 斬新な発想と、親ゆずり造形美を感じさせる技術を駆使して素晴らしい作品を生み出しつづけた人物が、菊池一雄です。同じ彫刻家でもある、菊池契月を父に持っていた事からも、幼少の頃から非常にこの彫刻という世界に近い生活を送っていた人物の一人としても知られています。 さて、そんな菊池一雄なのですが、父の背中を見て自らも彫刻家としての道を歩もうと思う訳ですが、まず藤川勇造に師事をしています。彫刻の基礎をゼロから学ぶ事により、より彫刻への意識を高めていったという事が分かっています。さらに、菊池一雄は彫刻の世界をより極めるためには、やはり西洋の技術が重要であると考えており、結果的にフランスへと渡ります。西洋の彫刻技術は日本とは違う、立体的で華美なものが多かったのですが、そういった新しい文化へとのめり込むこととなります。 結果的に、このフランスでデスピオに学ぶ事となります。新たな技術と芸術思想を手に入れた菊池一雄は、そのまま帰国。伝統を守りながらも、新しい芸術を発信していく団体でもある、新制作派協会会員に入会し、先陣をきって努力を続けて行きました。そして、日々の努力による作品作りが徐々に認められていき、ついに青年像では毎日美術賞を受賞するまでに至ります。 そして、それをキッカケに数々の賞を受賞し続けることとなります。その功績が認められていったのか、東京芸術大学の教授として招かれることとなります。彫刻家を目指す若い生徒と熱心に向き合い、後進の育成に尽力を傾けた事でも有名です。京都出身という事もあり、そのモダンな完成は作品全てに随所と見られています。 代表的な作品としては、原爆の子、平和の群像などが、あり社会問題とも真っ向に向き合っていた事でも知られているのです。さらに、著書としてロダンがあり、こちらも菊池一雄を知る上では、非常に重要な参考書物としてしられています。菊池一雄の作品は彫刻品買取でも、高い評価を持ち続ける作家の一人です。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ