【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 蓮田修吾郎
蓮田修吾郎 文化勲章の受賞者であり、国内を代表する鋳金家の蓮田修吾郎。その美しくも果無い世界観を、独自の芸術的センスで再解釈し、数多くの美しく芸術的な作品を残した事でも知られています。さて、そんな蓮田修吾郎なのですが生まれは北陸の小京都、石川県金沢市に生まれています。幼少の頃より絵画などの芸術が好きであったことから、そういった作品づくりという世界でいきて行く事を決意しています。 結果的に石川県立工業学校図案絵画科に入学し、絵画の基礎をその場所で教授されます。さらに、高いレベルの絵画技術などを学びたくなった事で、石川県立工業学校図案絵画科を卒業した後に上京。東京美術学校に入学を果たす事となるのです。そして、その先で学校の勉強だけでなく、より実戦に近い技術を磨くために、高村豊周に師事をしより研鑽を積み上げます。その後、数々の作品を生み出しつづけており、由緒ある賞などに何度も入選を果たすこととなっていきます。 絵画という世界から芸術の分野へと足を踏み入れた蓮田修吾郎だけに、その作品もどこか独創的であり、そして優雅な雰囲気を持ち合わせていました。そして、代表作でもある「野牛とニンフ」を発表すると日展文部大臣賞を受賞する事となり、さらには1962年には「森の鳴動」で日本芸術院賞を受賞するなど、大きな功績を上げたのです。こういった功績は広く認められることとなり、1975年には東京芸術大学教授に就任をしています。指導者としても高い名声を持ちつづけていた事もあり、数多くの後進を育て輩出していきます。 そして、同年には日本藝術院会員に推挙されており、国内における鋳金芸術の発展にも尽力します。1987年には、文化功労者に選出され、1991年に文化勲章を受章。最終的には、日展顧問を委嘱し日展のトップとして多くの計画に関わります。自らの世界を常に広げて行った活動を惜しまなかった蓮田修吾郎。彫刻品買取においても、数々の功績を与える人でしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談