【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 豊川光長
豊川光長 彫金家としての家元であり、その卓越した技術と妥協の無い造形力で様々な作品を生み出していったのが、豊川光長です。数多くの歴史を持ちながらも、特に2代目の功績が高く彫刻界で注目をされている人物として知られています。さて、そんな豊川光長なのですが、その代表作には煙管があります。この作品は純金で仕立てられるという、絢爛豪華な内容になっており、新たな彫金の世界を生み出した作品としてコレクターの中でも注目されています。 当時、現在に比べるよりも非常に高価でもあった純金だっただけに、この作品を生み出すにはそれなりの勇気が必要だったに違いありません。しかし、豊川光長の類い稀なる技術とその自信。これが、彼の心を動かして行ったのではないでしょうか。火皿・雁首部と吸口が美しく絶妙な曲線を描きあげ、どことなく色艶めきさもあります。また、この純金も下品に輝く訳はなく、敢えて光沢をそこまで激しくせず、マットな質感に抑えている事もポイントのひとつとして考えられるかもしれませんね。 また、加飾は、片切彫で、鯉が描かれるというなんとも粋な計らいが豊川光長らしさでもあります。細かく、なかなかこういった何かを描く事が困難な中であっても、そこをいとも簡単にこなしてしまうという、この技術力の高さは、他の彫金家ではなかなかなし得る事のできない、そんな技術なのではないでしょうか。さて、さらには光長刻という銘となっている事から豊川光長という事は間違い無いと言われています。 こういった素晴らしい作品を手掛けている豊川光長は、まさに現在でも骨董買取の注目株ともいえるのです。因に、豊川光長の2代目は明治期から大正時代にかけて活躍をしています。15歳という若さで柳川派の流れをくむ初代豊川光長に師事。そして、養子となろ本格的に彫金家として活躍をしていくのです。日本美術協会審査員としても、幅広く知られています。今後も注目の作家のひとりとなっています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談