【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

彫刻品買取 香取正彦
香取正彦 人間国宝としても名高い、素晴らしい功績を挙げつづけた日本の鋳金工芸作家が、香取正彦でしょう。その独創的で奔放な作品は、見るものは新たな世界へ誘う、美しい作品ばかりとして有名となっています。さらに、その功績が認められ人間国宝ともなるなど、国内における彫刻の歴史に大きな礎を築いた重要人物でもあるのです。 さて、そんな香取正彦なのですが、東京都の小石川に生まれています。しかし、両親の仕事の関係などにより、千葉県の佐倉市に越しています。そのために、自然豊かな佐倉市で過ごすこととなり、その時に数々の芸術を学んで行きました。さて、幼少の頃からもの作りに興味を持っていた香取正彦だけに、芸術の分野に進むという道を選択しています。東京美術学校に入学してからは、主任教授津田信夫に熱心に始動を受けて、より研鑽を積む日々を送って行きます。 そして、当時の制作の基本として古典研究に励んでおり、数々の歴史を学びつづけています。さて、そ東京美術学校鋳金科を卒業したその同年、パリ万国装飾美術工芸博覧会に苺唐草文花器を出品しています。その作品が、何と銅賞を獲得する事となり、高く評価を受けることとなります。 さらに、帝国美術院展覧会の工芸部門において、1930年からの3年間、なんと続けて特選を受賞し帝展無鑑査となるという功績を手に入れるのです。戦後には、その当時に壊れてしまった仏具・仏像などの文化財修理を担う事となります。 結果、非常にその功績が評価される事となり、比叡山延暦寺、成田山新勝寺、広島平和の鐘なども手掛けるという、高い評価を得る行動に出ているのです。日本伝統工芸展が開かれ,第3回展から審査委員を委嘱。そして、1977年には、重要無形文化財保持者として、ついに人間国宝として認定される事となったのです。日本を代表する様々な作品を手掛けつづけた香取正彦。彼の作品だけでなく、その尽力した結果も国内では貴重な存在となって行く事でしょう。 香取正彦の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談