彫刻品買取 香取秀真

彫刻品買取 香取秀真

香取秀真 香取秀真は、歌人でもありながら鋳金工芸作家としても非常に高い評価を獲得しつづけていた、日本を代表する芸術家のひとりです。学問としての金工史を生み出した事でも非常に有名であり、研究者としても多大なる功績を残したとして広く知られています。 また、国内での美術工芸家としての初の文化勲章も受賞しており、その名を世界にも知られている大家です。非常に広い知識を持ち合わせている事からも、帝室博物館技芸員、国宝保存会常務委員、文化財審議会専門委員などを歴任しており、国内の金工の歴史の底上げなどに深く貢献をしているのです。 千葉県印旛郡船穂村に生まれている香取秀真は、5歳の頃には、既に佐倉の麻賀多神社の養子として迎え入れられます。佐倉集成学校で学問を磨いた後には、和歌を非常に好んで学んでおり、佐倉集成学校の蔵書『万葉集』の写し作歌を学んび続けていました。 非常に頭脳明晰でもあり、何と東京美術学校に首席で合格するという、何とも素晴らしい功績を挙げていったのです。同校の卒業制作として知られているのが、『上古婦人立像』であり、現在でも高く評価されています。そして、自らの制作を続けていた事で、「日本美術協会展」で『獅子置物』が褒状1等。 さらには、パリ万国博覧会で銀賞碑などを得て、世界的にも名誉と地位を確立していきます。東京美術学校教授となり母校で「鋳金史」「彫金史」などを講義しています。学問の方面から数々の後進を育てており、その功績も高く現在で評価されている事が知られています。 また、彫刻だけでなく、歌人としても活躍を続けた事もあり、伊藤左千夫、長塚節らと正岡子規門下の根岸短歌会のアララギ派の歌人としても活躍しています。小説家の芥川龍之介、高浜虚子とも交流があったとされており、日本を代表する文化人の一人として知られています。今までの功績が認められる事となり、1953年にはこれらの功績を認められ文化勲章を受賞するなど、広く活躍をしました。今後も、彫刻界の重鎮として名を残し続ける事でしょう。 香取秀真の作品をお持ちの方は一度骨董買取に出してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ