彫刻品買取 鹿島一谷

鹿島一谷 国指定重要無形文化財を受けた、国内随一の実力を持ち合わせている彫金家が、鹿島一谷では無いでしょうか。格式の高い、伝統美を引き継ぐのその技法は、新たな風も吹き込みながら、美しい世界を作りつづけていった、素晴らしい人物として知られています。さらに、注目したいのが、様々なものにこだわる事が無く作りつづけていた、という事になるのではないでしょうか。 花瓶、香炉、花器は勿論の事、レリーフのほか 水滴、文房具、水注など数々の作品が残されており、それは全て秀作として多くの人々の心に残っているのです。さて、そんな鹿島一谷なのですが、東京都に生まれています。代々金工を生業としている家系に生まれた事により、数々の大きな功績を残す事となっています。 さらに、祖父や父親の姿を見ることで、自らもこの彫金の世界を楽しもうと尽力を重ねていきます。祖父の2世一谷斎から家伝の布目象嵌を学んだの地には、父親などの元で、彫金の技術などもしっかりと学んで行きます。そして、そんな早熟的な技術力の向上も世間は放っておくが無く、1928年には、第10回帝展に初入選を果たすのです。この受賞をキッカケに、数々の素晴らしい賞を受賞し続けることとなります。 さらに、高い功績が認められた事からも、日本工芸会設立に際して正会員となるのです。伝統工芸展にも多数入選を重ねた事で、より地位を上げて行きます。その作品の数も、非常に多くなりまして、宮内庁の依頼品「菊菱地柳鷺紋飾壺」製作に、唐招提寺国宝「金亀舎利塔」、さらには山形県若松寺重文「金銅観音像懸仏」など、素晴らしい秀作を多く残しつづけて行ったのです。 そして、1979年に、国指定重要無形文化財を受けた事で、その地位は誰にも譲られる事の無い部分となります。彫刻品買取としても、鹿島一谷の作品はまさに時が経つに連れ、評価が上がって行っています。こういった傾向からも、これからの時代も評価が続く、そんな作家の一人となっていくのでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ