掛軸 三尾呉石

三尾呉石

虎が持つ魅力に惹かれ世界を旅し、豪快な作品を描き続けた画家が掛軸買取 三尾呉石です。水墨画を思わせるような筆遣いを、繊細かつ豪快に使い分け、美しい作風を作り上げることで有名な画家の1人です。さて、そんな三尾呉石なのですが1885年に東京は日本橋で生まれます。幼少の頃より多くの作品を描き続け、若くして才能豊かであったと知られています。その情報を明確にするエピソードとして、15歳という若さで日本美術協会に出品をし、農商務大臣金子堅太郎に認められることになります。この出会いが人生を変化させるキッカケとなり、岐阜の動物書家、大橋翠石へ送られ、専門的に絵画を学ぶようになりました。四条派を学ぶこととなった三尾呉石だけに、後のあの繊細な写実性と表現方法が身についたと言われています。その才能は、より研鑽がかかり、東京勧業博覧会では「猛虎」三等賞杯を受賞し、文展でも数々の入選作品を生み出します。名実共に認められていったのですが、その待遇に怠慢することはなく、院展や文展、日本美術協会展などでより名誉ある賞の受賞を積み上げていったのです。さて、この三尾呉石というと、虎を描く画家としてよく知られています。そのためか、自信でも虎の研究に余念が無く、満州や朝鮮、インド、アラビア地方の虎を年に数回は見に行き、写生行脚を繰り返していたと言われています。さて、そこまで研究熱心であった三尾呉石なのですが、やはり虎を描く才能は他の追随を許すことの無い素晴らしいものでした。迫力を見せる勇ましい虎の表情は勿論、その周囲の背景などで動きを出し、獰猛な表情をより鮮明、写実的に描き出しています。また、四条派を学んでいたことも幸いし、線1本1本がとても上品で繊細であり、大胆なだけでない典雅な印象さえ、絵画の中に吹き込まれているのです。掛軸買取においても、三尾呉石の虎の絵画は高価買取であり、高い人気を得ています。「虎の呉石」と言われ、日本美術に大きな功績を残した三尾呉石。天才とまで言われた彼こそ、努力の人間だったに違いありません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ