掛軸 上村松園

掛軸 上村松園

上村松園

掛軸画家 上村松園は、1875年に生まれた女性画家です。女性目線での美人画を多く描き、素晴らしい賞を多数受賞。その功績によって、1948年には女性として始めてとなる文化勲章を受賞も受賞していることでも知られています。京都に生まれた上村松園は、本名を津禰、常子などと名乗っていたと言います。この、上村松園の人生は非常に順風なものではありませんでした。生後2ヶ月には父はこの世を去っており、女でひとつで育てられた、苦労の人生でした。しかし、この状況にもめげることのなかった上村松園は、幼少の頃から、とても絵画が好きであり、小学校を卒業してから、本格的に絵画を学ぶことになります。当時、まぁ出来たばかりだった日本最初の画学校に入学しています。しかし、そこでの教育が満足いくものではなく、尊敬する画家から直接習いたいという思いからか、退学をしてしまいます。そして、1888年に、鈴木松年に師事します。勿論、絵が好きであったという以上に才能が豊であった上村松園は、絵画の世界で生きていくことを決意します。当時生き方を考えてみれば、上村松園のとった行動は大きな非難を浴びてたそうです。しかし、そんな世間を見返してしまう才能を持ち合わせていたのが、上村松園です。15歳の時、第3回内国勧業博覧会において「四季美人図」が、英国皇太子コンノート殿下の買上げなります。この衝撃のことに、「京に天才少女有り」と、美術界の注目を一気に集めることとなったのです。それ以降、素晴らしい賞を受賞し続ける訳ですが、勿論、当時の女性の地位は低く、男性画家の嫉妬が激しく苦しい状況も多々合ったそうです。しかし、美人画を否定していた人達も上村松園の描く「焔」に圧倒され、認めたといいます。日本における、最高峰の女性画家である松園。松園の前に松園なく、松園の後に松園なしと言わしめる、多大な功績を残した大画家です。今の時代に生きていたら、一体どんな絵を書き上げたのか…。そればかりに、興味が尽きません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ