掛軸 下田義寛

掛軸 下田義寛

下田義寛

西洋画のように、美しく綿密で美しい色使いが特徴の風景画を描いた画家が、掛軸買取 下田義寛です。院展を中心に活動を続けていった、日本美術界でも重要な人物の1人として知られています。1940年に富山県に生を受けた下田義寛は、青年の頃に画家を目指して上京を果たします。そして、上京後は絵画の基礎を学ぶ為に東京芸術大学に入学します。より深く絵画にのめり込んで行くために、大学院まで通い、結果的に修士課程を修了させ卒業をしています。師事を受けていたのは、郷倉千靱と岩橋英遠であり、その自由で視野の広い絵画清精神はここから学んだとされています。大学院を卒業した後には、すぐに大きな賞を受賞することになりました。その賞というのが、1963年の院展です。この院展での華々しいデビューをキッカケに、彼の新しい絵画人生が幕を開けて行きます。院展での活躍はめざましいものがあり、1979年には再興第64回院展に「風舞」「風渡る」で、文部大臣賞を受賞します。さらに、1983年には、再興第68回院展での出品作品「海鳴」「山彦」で、内閣総理大臣賞を受賞するなど、院展に無くてはならない存在となっていくのです。38歳という若さで、同人に推挙されている辺り、非常に周囲の評価・期待なども大きく、それに応える度量もあったことが強く伺えます。さて、そんな下田義寛なのですが、とにかく外遊が多かったことでも知られています。10回以上を超えているという外遊の回数は、他の画家でもなかなかありません。それほどまでに洋画も愛していた下田義寛だけに、非常に外国の風景画も多く残しています。代表作として「モンサンミッシェル」がありますが、屏風絵という日本独特のものに、パリのシンボル的な存在を描く辺り、非凡な才能であった言わざるえません。もちろん、下田義寛の作品は掛軸買取においても、非常に高い人気があります。倉敷芸術科学大学の教授など、後進への教育にも貢献している下田義寛。比類なき、その才能で多くの人々を未だ尚、魅了し続けています。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ