【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 与謝蕪村

与謝蕪村

画家としてだけでなく、俳句や書など多岐に渡って活躍をした画家が、与謝蕪村です。与謝蕪村は様々な名を持っており、「宰鳥」であったり「夜半亭」、画号においては「春星」や「謝寅」などが使われていたことでも知られています。1716年に、現在の大阪市都島区毛馬町に生まれた与謝蕪村は、青年期を過ぎた20歳の時に江戸に赴きます。芸術をこよなく愛していた与謝蕪村だけに、早野巴人に俳諧の基礎を学びました。日々、俳諧の研鑽を積み上げていった与謝蕪村ですが、27歳の時に師がこの世を去ります。下総国結城の砂岡雁宕に今度は奇遇をしていきます。当時の与謝蕪村は、松尾芭蕉に非常に憧れを抱いており、その足取りをたどる東北への旅を敢行したほどだったといいます。さて、そんな与謝蕪村なのですが、所々に移り住んでいる中、42歳の頃に周遊を辞め、京都に腰を据えることとなります。そして、この頃より蕪村という名を名乗るようになっており、俳人としての活動に拍車をかけていきました。様々な活動を広げて行く与謝蕪村でしたが、ワイ頃のような自由な周遊はせず、生涯を京都で過ごしたことが分かっています。さて、そんな与謝蕪村は、憧れていた松尾芭蕉と小林一茶と並ぶ、江戸俳諧の重鎮として知られています。今でこそ、多くの作品が出回っていますが、俳画という俳句と画を合わせた技法の考案者でもあり、非常に写実的な作品を生み出すことでも知られているのです。俳人としては勿論ですが、その写実的な画風は類い稀なる技巧で描かれています。重要文化財である「鳶鴉図」は、山水画を思わせる独特な筆遣いながら、斬新で強い勢いを生み出す独特の作品となっています。後世にも大きな影響を与え続けた与謝蕪村ですが、有名なのが正岡子規でしょう。「俳人蕪村」を出したことでも知られており、その熱愛ぶりが伺えます。与謝蕪村の作品は、掛軸買取では非常に高価買取となります。日本画として最高峰の地位である与謝蕪村の作品は、年々需要が高まる基調な作品です。俳句をこよなく愛し続け、日本の文化に大きな影響を与えた与謝蕪村。彼の存在無しでは、現在の日本美術は、とても寂しいものになっていたことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談