【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 中尾淳

中尾淳

孤高の画家とも呼ばれ、どこの派閥にも属さなかった画家、掛軸買取 中尾淳。繊細であり端麗な作風で評価を得ており、目立った賞などは無いながら、大きく評価を受けている日本画家のひとりです。1917年に徳島県に生まれた中尾淳は幼い頃から画家という道を志、数々の研磨を積んできています。そして、本気で画家を目指そうと思ってたことで上京。京都市立絵画専門学校に入学します。日本画を基礎から勉強しつづけ、その才能を伸ばしていきます。そして、その京都市立絵画専門学校の卒業後にはまだまだ深く絵画への探求を重ねて行くため、寺島紫明に師事をしていきます。そんな、中尾淳なのですが、団体には属することが無く活動を続けています。そのためか、目立った受賞歴などは持ち合わせていないのが、現状です。そのため、本来の絵画の才能に比べて評価がそれほど高くなく、まだまだ未知数な日本画家の1人でもあり、今後注目であります。中尾淳の描くモチーフの中心は美人画でした。その、美人画の姿は清新でまさに妖艶。日本画の伝統的なアプローチをしっかりと守り、何にもぶれることが無い美しい作品が多いのが特徴です。しかし、団体などに属していない分、自由闊達な装飾的な作風も多く、それがまた嫌みでは無い気品溢れる雰囲気に納められていることが素晴らしいのです。中尾淳は、美人画を中心に描きましたが、その活躍は個展での発表ということになります。毎年、2回ほど全国百貨店での個展を開催しいます。そこで、舞妓の作品を数多く出しており、結果的に外国の政府が買上となった作品などもあり有名になりました。権力に媚びる事の無い姿勢と、その実力本意の日本画制作は多くの人々の心を動かしているのです。掛軸買取に関しても、中尾淳の作品は評価が高く、これからも価格が上がって行く可能性があります。海外からの注目度も高い、孤高の画家中尾淳。彼の人生は、芸術と向き合い続ける日々なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談