【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 中島千波

中島千波

美しく鮮やかなタッチで描かれる作品が人気の画家、掛軸買取 中島千波。特に人気が高い作品としては、 鮮やかなカラーリングを施した、桜のシリーズが有名です。 花鳥図なども多く描いてきていることで、非常に風景を美しく昇華させる技術を持ち合わせていると、美術界でも好評化な画家のひとりとして有名です。中島千波は、1945年に疎開先の長野県上高井郡小布施村に生まれています。父が、日本画家・中島清之ということもあり、幼い頃から絵画へ親しむ環境を持っていたことでも知られています。1948年には、長野県を離れ、神奈川県横浜市に移り住みます。より、絵画への気持ちが高まっていった中島千波は、1965年に、東京芸術大学美術学部日本画科に入学します。東京芸術大学美術学部日本画科では、絵画の基礎をしっかりと学び、その芸術的なセンスに研磨を磨いていきます。そして、1970年の東京芸術大学美術学部日本画科卒業の年、何と第54回院展初に初入選をし、さらには第4回神奈川県展で受賞をするなど華々しいデビューを飾っています。その受賞をきっかけに院展を中心に活躍を続けることとなる中島千波は、1977年の第32回春の院展奨励賞での受賞に、第62回院展奨励賞も受賞。さらには、1978年に第33回春の院展での奨励賞などがあります。 日本美術への復興の意識も高く、2002年には、深川不動尊内仏殿格天井の原画を完成させ、2004年に、深川不動堂の内仏殿格天井画も完成させています。そんな中島千波なのですが、花鳥図に人物画、挿絵など様々な絵画を手掛けます。桜シリーズが非常に名声を博しているがかではありますが、実は花鳥図など鮮やかで繊細な美しい作品を多く残していることでも、有名なのです。さて、そんな中島千波の作品は掛軸買取においても人気があります。現在でも、高価な価格が付いているので人気の作者です。美しいだけでは無く、その実態をも見いだす希少な天才画家中島千波。素晴らしい芸術の奥に潜む、優しく人間味溢れたその姿も人気の秘密なのかもしれません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談