【感染予防の取り組み】こちら
10月29日(金) 営業時間短縮のお知らせ

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 中島多茂都

中島多茂都

1900年に生まれ、昭和期に活躍をした画家、掛軸買取 中島多茂都。日本美術院同、院展評議員なども歴任している、日本美術界に高く貢献している芸術家の1人として知られています。そんな、中島多茂都なのですが静岡県の沼津市に生まれています。院展という大舞台で活躍するまでには、様々な苦労があったことでも知られます。まず、絵画の基礎を築いていくために前田青邨に師事をします。日々、作品作りに没頭をしていき、院展に出品を続けていきます。そして、その味わい深い作品に目が止まり初入選を果たします。しかし、如何せん地味な存在であったのか、他の画家のような大きな名声を受けることは無く、どちらかと言えば影のような存在でした。しかし、彼の功績が大きく認められ始めたのが、戦後のことです。戦後には美しい独特な点描画を確立します。「伊豆の玄岳」や「仙石原村」などが、特に有名ですが、こういった大自然を優雅に描く作品は、日本美術院賞を受賞することになっていくのです。中島多茂都の代表作のひとつである「雲井の滝」では、岩間を清冽な水しぶきがほとばしり、その躍動感溢れるタッチと大胆な構図には驚かされます。独特の雰囲気を持つ作品であり、そこには中島多茂都にしか描くことのできない。世界観が込められてるのです。さて、そんな中島多茂都なのですが、毎回遺作展などが開催されており、その遺作展では非常に多くの評価が集まっています。しかし、どうしても今日の美術界での評価は低めであり、あまり知られていないのが現状です。その大きな理由として、戦前・戦後の芸術の空白期間に活躍していたということが言われています。確かに、高度経済成長の時期というのは美術は置き去りにされていた、と言っても過言では無いかもしれません。そういった部分を踏まえても、掛軸買取でも中島多茂都はまだまだ未知数の画家であると言えます。しかし、見るものを魅了する作品は年々評価が上がってきているのが実情です。是非、中島多茂都を覚えておいて、掛軸買取を頭に入れておくのが良いのでは無いでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談