【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 中島清之

中島清之

型に捕われることの無い、自由闊達な作品を描き続け、独創的な世界観を打ち出し続けた画家、掛軸買取 中島清之。壮大な作品にも日本画の世界で今まで無かったような、新しいアプローチを続け、美しくもどこか切なくなるような秀作を生み出し続けていました。さて、そんな中島清之は、1899年に京都に生まれます。しかし、関東へ進出して多くの絵画を学びたいと決意。結果的に横浜へと渡っています。絵画の基礎を何も身につけてはいなかったため、まずは誰かに師事しなければいけない。こう思ったことで、松本楓湖が主宰している安雅堂画塾に入塾を果たします。その塾内でも、取り分け才能を持ち合わせていたこともあり、その実力を伸ばしていくことになるのです。基礎をある程度身につけたとはいえ、まだまだ徹底した日本画への勉強が足りないと感じていたのか、後にも山村耕花、安田靫彦に師事をします。基礎をしっかりと固めるからこそ、自らの芸術が花開くと考えていたのでしょうか、とにかく勉強熱心に日本画を追求していくことになります。そして、その努力が実るのが院展です。院展に初入選を果たした中島清之は、この入選をキッカケに様々な活躍を魅せていくことになります。戦前、風景画、花鳥図など伝統的な日本画を出品していた中島清之。戦後においては、全く新しいアプローチで日本画に挑戦を挑みます。古典的なモチーフを選びながら、その作品は自らの芸術を若々しいタッチで落とし込み、今までに無いようなそんな作品を描くことになったのです。「鶴図・臨春閣障壁画」は特に有名な作品として知られていますが、鶴がリズム良く飛び続ける壮大な風景は、今までに無いようなダイナミズムを日本画に感じさせました。秀作を生み出し続けていく、中島清之は美術界へ後進の指導をするためにも貢献度が高いことでも知られます。東京藝術大学で、教鞭を振るうことにもなりました。掛軸買取においても、中島清之は高価買取として有名です。様々な夢を実現し、日本画界に新しい風を吹き込んだ天才画家、中島清之。功績だけでなく、後進の発展としても重要な人物であったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン