掛軸 中村大三郎

中村大三郎

能楽などの世界を華美に表現し、日本画の中に独特の世界観を融合させた画家が、掛軸買取 中村大三郎です。数々の名誉ある賞を受賞しており、日本美術界へ大きく貢献を続けた画家の1人として知られています。中村大三郎は、1898年に京都市下立売小川に生まれます。染色関係の仕事をしている家に生まれており、自然と芸術的な完成が身についていきます。絵画の道に進みたいと心に決めてから、1911年に京都市立美術工芸学校絵画科に入学をします。そこで、絵画の基礎を学び、洗練された独自の感覚を磨いていきます。より、レベルの高い絵画への知識を習得すべく、京都市立絵画専門学校に入学も果たします。その在学中の1918年には、第12回文展に出品をした」懺悔」が初入選を果たします。類い稀なる才能を在学中から発揮し、1919年に京都市立絵画専門学校本科を首席で卒業します。周囲の期待をプレッシャーとすることは無く、1920年には、第2回帝展では特選を獲得、翌年の第3回帝展では「浄謐」が入選し、その後にパリでも展示されています。京都市外太秦村字嵯峨野茶ノ木原への転居の後も、精力的に活動を続けます。初個展を開催した後には、「九名会」が結成されます。その時には、堂本印象・福田平八郎らも共にこの会に参加しています。個人的な活動も拍車がかかる最中、美術界への後進の指導へもチカラを入れます。1925年には、京都市立絵画専門学校助教授に赴任。帝国美術院会議で帝展新審査員なども歴任しており、当時の日本美術界の発展に大きく貢献をし続けることとなるのです。そんな、中村大三郎の作品の特徴と言えば、やはりその幽玄的であり、魅力的なタッチでしょう。日本画という伝統的な世界感に、洋画の雰囲気も感じさせる繊細さを完璧に表現しています。モダンなセンスの持ち主として、海外でも高く評価をされています。中村大三郎の作品は、非常に掛軸買取においても人気です。他とは画一化された、独特の世界感は常に人々の心を掴んで止まないのです。青年期の頃より大きな成功を納めていた中村大三郎。周囲の期待に負けること無く、日本美術界へと大きな貢献を成し遂げてくれていったのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ