【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 中村岳陵

中村岳陵

様々なモチーフを、非常に細密で繊細な写実を基礎として描き続けた天才画家、掛軸買取 中村岳陵。伝統的な作品に、明るく清新な画法を取り込んだ新しい世界観で、美術界での非常に高い評価を獲得し続けています。1890年に、静岡県下田市旧岡方村に生まれた中村岳陵。九人兄姉の末弟の三男としての、大家族の元で生まれます。下田尋常高等小学校卒業後に上京しています。絵画への熱い情熱を幼い頃からもっていた中村岳陵なのですが、どうしても都会暮らしに馴染めず、池田孤邨門下である野沢堤雨に入門し、琳派を学んでいるのですが、一時故郷へ変えることとなります。父などの死などにより、心が打ちひしがれますが、1904年に土佐派の川辺御楯に師事。一心不乱に絵画への努力を重ねて生きます。そして、同年の日本美術協会展に「名和長年船上山に登るの図」を出品。なんと、初入選をします。画家として、新しい人生を歩みだした中村岳陵は、より研磨を重ねて行くために、1908年に東京美術学校日本画科・選科に入学をします。寺崎広業や結城素明に学んでおり、横山大観に知遇を得ているなど、時の画壇から数々の刺激を受け続けます。さらに、西欧絵画に触れることとなった中村岳陵は衝撃を受けることになり、研磨の結果「水神」という傑作を生み出します。この頃から、様々な賞を獲得しながら、東京美術学校日本画科を首席卒業します。その卒業後も活躍は衰えること無く、より舞台を大きくしています。六潮会を設立するなど、新しい日本画へのアプローチを続けています。モダニズムな作風を日本画に取り入れる、全く新しい世界観を作り出し、結果的に1959年に大阪四天王寺金堂壁画なども手掛けます。中村岳陵は、文化勲章受章に文化功労者としても獲得するなど、日本画の一時代を築いた画壇なのです。掛軸買取においても中村岳陵の作品は、高く評価をされています。「輪廻物語」「気球揚る」など、油絵の技法を日本画に戸入り入れるなど、常に斬新な発想で周囲を湧かせた中村岳陵。彼の描く世界は、未だに大きな話題を作り続けています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談