【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 中村正義

中村正義

反逆の天才画家として名声を得ながら、52歳という若さでこの世を去った画家、掛軸買取 中村正義。日本画とは思えない、その類い稀なる技術と才能は、死して尚評価を受け続けています。そんな、中村正義は1924年に愛知県豊橋市に生まれます。幼いころから絵画への道に親しんでいた中村正義でしたが、病弱な体質でもあったために、1940年に豊橋市立商業学校を中退しています。逆境の中、彼を救ったのはやはり絵画でした。その絵画なのですが、より極めたいという思いが強くなっていき、1946年に中村岳陵に師事をします。23歳という若さで日展に入選をすることとなり、そこから怒濤の勢いで様々な賞を受賞し続けることになるのです。新しい価値観を打ち立てる、カウンターカルチャーが横行した時代に生きた中村正義は、その流れに背を向けることなく、新たな才能を表現し続けます。日本画という伝統的な古い在り方に異論を持っていた彼だけに、ポップアートのような作品を描き、新たな世界を切り開こうとし続けていったのです。古い価値観を脱ぎ捨てるという、斬新な方向性に批判する画家も少なくはありませんでした。そんなくだらない世界観に嫌気が差した中村正義は、日展を飛び出します。そして、孤高の道を歩み出すのです。中村正義の作品は、原色を大胆に塗り重ねたり蛍光塗料を仕様したりと、まるで現代アートのような、斬新な作品が特徴です。謎の浮世絵師・写楽の実像を彼なりの立場で描きます。画家の立場から写楽への探求をする、という仕事は美術界に衝撃を与えたのです。特に彼の作品の中で有名なのが、三島由紀夫を描いた作品です。日本画では無く、確実にポップアートの表層をしており、これは現在の日本画の世界へのアンチテーゼであったとも捉えられる衝撃的な作品の一つとなっています。掛軸買取に関しても、中村正義の作品は非常に人気があり高価買取で取引をされいます。将来を期待されながら、全くその期待を斬新に裏切って行った天才画家、中村正義。彼の生き様こそ、芸術の根底にある反骨精神だったのでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談