掛軸 中村貞以

掛軸 中村貞以

中村貞以

掛軸買取 中村貞以は、日本を代表する画家です。「爽凉・シャム猫と青衣の女・香を聞く・横山大観喜寿祝色紙」など、名作を数々のこし、日本美術界に多大な貢献をした大家の1人として知られています。さて、中村貞以は1900年に、大阪の船場に生まれています。多くの作品を描いていながらも、2歳の時に火傷をしていたことも知られており、合掌書きを工夫しています。両親的には、役者、大夫をさせたいと思い浄瑠璃などを習わせていたようなのですが、幼い頃には絵画に習字などに才能を発揮していたとのことです。その為か、自らも芸術への道に本気で進みたく、大阪経理学校中退します。その後、浮世絵師の長谷川貞信に師事。日本画を浮世絵という視点から学び始めます。そして、現代的な日本画への興味を持ち、その後は美人画の大家でもある北野恒富に師事をしていきます。その出会いが中村貞以を一流の画家へと押し上げることになるのです。1923年には、第9回春の院展でついに初入選となり、さらに第1席を受賞するという快挙を成し遂げます。この受賞をキッカケとし、さらには翌年の院展でも入選。翌年院友に推挙されるなど院展を拠点に数々の功績を残して行きます。これ以降も院展に出品しては、入選を重ねており、名実共に日本画の大家として名を馳せて行くことになるのです。また、1932年には、日本美術院賞受賞となり、ついに36年に同人となります。美しく、繊細で清新な美人画は、師の面影は有りつつも、やはり中村貞以独特の目線での描かれ方であり、斬新と円筒を織り交ぜた新しい世界観を表現しているのです。現役としての中村貞以だけでなく、画塾「春泥会」を1934年に設立。後進の育成にも一役買っていました。故郷でもある大阪からは、1951年に大阪府芸術賞を受賞、さらに1960年に大阪市民文化賞など高く評価されています。掛軸買取に関しても、この中村貞以の作品は非常に大きな人気を持ち合わせています。美しい、独特の世界観で美人画を極めていった画家、中村貞以。これからも、高い評価を国内外で受け続けることでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ