【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 中野嘉之

中野嘉之

媚の無い男らしさを美しく繊細に表現した画家、掛軸買取 中野嘉之。繊細なタッチと斬新な構図、そして伝統的な日本画の技術も加えた天才的な画風で、いくつも秀作を生み出した画家として知られています。京都府京都市に1946年に生を受ける中野嘉之は、画家を目指して多摩美術大学に入学します。そこで、自らの信ずる芸術を知るために様々な勉強をしていき、結果さらに深く学びたいと、同学の大学院まで進むことになります。1970年に大学院を卒業となるのですが、実は在学中にもその才能を発揮しているのです。1967年に、1新制作協会展に出品をしており、その作品がなんと初入選を果たしています。そして、卒業後もその才能は早くも広く発揮されることとなります。1972年の新制作協会春季展で春季展賞を受賞しており、その3年後にも、新制作協会展で新作家賞を受賞するなど、新制作協会展では一目置かれる存在となります。そして、新たな日本画の表現を追求していくべく、1978年にグループ野火展に出品を果たします。勿論、数々の賞を受賞することで伝統的な評価も受けていますが、グループ展に個展など個性を出す制作にも、非常に精力的な部分が見えるのも特徴でしょう。さて、そんな中野嘉之の作品の特徴の一つといえば、斬新で繊細な作風でしょう。男性的な雰囲気を持ち合わせている力強さもありながら、どこか女性をも超える男性的な色気。そういった雰囲気を感じさせる作品を多く残していることが、印象的でもあります。「水辺」や「流雲」など、どこかもの寂しく、凍てつくような鋭さも感じますが、見るうちに心にスッと入ってくるような不思議な感覚を楽しめるのが、中野嘉之の特徴なのではないでしょうか。京都美術文化賞も受賞し、日本美術界においても非常に高く貢献をしてきた中野嘉之。掛軸買取においても、とても人気が高く多くの人々から需要がある希少な作家です。ぶっきらぼうという人柄と言われながら、その美しい男の色気を絵画に込めた画家、中野嘉之。彼の世界観こそ、今の日本人画家が学び直す根本なのかもしれません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談