【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 伊東万耀

伊東万耀

掛軸画家 伊東万耀は、1921年に生まれた昭和期に活躍をしました。人物群像を得意とした、繊細で妖艶な作風の画家として有名です。また、日本の美術界における美人画の大画家、伊東深水の次男としても広く知られています。伊東万耀は、父が画家の大家であることも関係し、父から幼い頃から絵画の指導を受け続けます。そこで、絵画の基礎を様々学び、繊細で線が細くも力強い父親譲りの画風を手に入れて行きます。人物画は勿論のこと、花鳥図なども得意としていきます。画家として、一人前になる前は様々な活動をしていた伊東万耀は、決して怠けることは無く、多くの作品を出品し続けます。朗峯画塾展を中心とた、数多くの展覧会での出品が叶い、ついに第4回文展において「楽人」が初入選を果たします。この入選をキッカケに、伊東万耀の新しい画家人生がスタートし始めます。元々、繊細な画風で定評があった伊東万耀ですが、その手先の器用さも手伝ってか、折り紙の作品も多く残しています。これが、非常に評価が高く今だに折り紙アートの正解でも素晴らしいアーティストとして有名ですね。しかも、ペーパークラフト的な要素の強い作品もあり、切れ込みにコラージュしたりと、本当に自由な発想で作られたものが多いのも特徴でしょう。しかし、芸術を常に追求し続ける、伊東万耀の作品であることから、中には創造的過ぎて批判的な意見もあります。ただし、この批判が正しいのか間違えなのかは、彼の存在の大きさを見てみれば分かる通り、新しい風を吹き込んだ功績が正解を出しています。絵画の方でも、多くの名作を残している伊東万耀ですが、特に有名な作品として挙げられるのが、「高原清秋」や「無言」となっています。この作品こそ、彼の真面目で繊細な人間性を感じさせる、素晴らしい秀作です。しかし、伊東万耀は食道ガンを患った関係もあり、49歳という若さでこの世を去ります。数々の作品に対する評価を見ても、彼の存在感の大きさは美術界には根強く残っていることが伺えるのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談