掛軸 伊藤深游木

掛軸 伊藤深游木

伊藤深游木

掛軸画家 伊藤深游木は1954年に日本に生まれました。一流の女流作家であり、日本を代表する画壇としても有名です。伊藤深游木は東京に生まれます。絵画を通して、自分の人生を創って行くために日々精進を始めます。1983年には、東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業しているのですが、そこでも優秀な成績を残しています。そんな、伊藤深游木なのですが、同校を卒業した翌年なのですが何と、第69回院展での「浅茅ヶ宿」のでの初入選を果たします。ここから、日本画家としての生活がスタートする伊藤深游木なのですが、この受賞を皮切りに様々な賞を受賞し続けることになります。1985年には、東京芸術大学大学院保存修復技術日本画を修了しますが、同年には院展で「春馨る」が春の院展に初入選しています。また、この絵の素晴らしさを、何と外務省が買上しています。さらには、 サロン・ド・プランタン賞なども受賞することにもなります。 また、第71回院展「白毫寺暮色」入選において、日本美術院院友に推挙。 その後も様々な賞を受賞し続ける事になるのです。師に日本画家の大家である、平山郁夫の影響を受けています。幻想的な花などを描きますが、そこは女性らしさを感じさせる、細く、しかし、芯のある素晴らしい作品になっています。そんな伊藤深游木の作品の中でも、非常に有名な「あけびの花」ですが、白と桃色のバランスのとれた花柄を、背景の濃淡のコントラストを活かして、幻想的に表現しています。風景がである「秋色にそめて」は、雪の林のような白色を置きます。しかし、闇を思わせるそんな夜空などを配して行きます。まさに、ダークな空間を作りながら、秋の紅葉を中心に構図するという、艶やかで妖艶な雰囲気を出す絵画を描けるのも伊藤深游木ならではでしょう。現在では、日本美術院院友としても活躍をしており、日本の美術界の後進の育成にも貢献しています。伊藤深游木は、不思議な魅力を持つ日本画家です。しかし、誰にも負けない、そんな根っこのある力強い繊細さを感じさせます。今後、今以上の評価を浴びることになる注目の画家でしょうね。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ