掛軸 佐藤晨

掛軸 佐藤晨

佐藤晨

文学的な香りを漂わせる、そんな心象風景を得意としていた掛軸画家が佐藤晨です。綿密な筆遣いであったり、時に大胆な構図に風景など、まるで物語りを描くかの如く秀作を生み出していった、日本画壇を代表する画家のひとりとして知られています。1935年に東京に生まれた佐藤晨は、数々の困難があり岩手県に1944年に疎開しています。同県、岩手県立岩谷堂高等学校を卒業した佐藤晨は県内に残る事は無く、上京し東宝映画宣伝部に入社。同社の直営館関係の仕事をこなしていきます。しかし、その間にも自らの夢である画家という目標に向かい制作を続けて行きます。油絵にペン画などを、日々書きためていくうちに本悪的に絵画の道に進みたい気持が強くなっていきます。結果的に、1956年多摩美術大学日本画科に入学をして、絵画の基礎を一から学び始めます。遅咲きであったものの、その日々絵画への情熱は募り、勉強に没頭していきます。その甲斐があってか、佐藤晨は在学中の2年生の時、新制作展へ「黒い風景」を初出品します。そして、何とこの時に作品が初入選を果たすことになります。在学中に画壇デビューを飾った佐藤晨は、それ以降、新制作展への出品を続けて行きます。新作家賞、春展には春季賞の受賞などを毎年のように繰り返すようになりました。佐藤晨はの作品には、綿密なものなども多いのですが、時には独特の構図と大胆な筆遣いの作品も存在します。「鯖と三宝柑」は旧号「昌美」時代の作品ではありますが、そのサバの模様に大胆にいびつに描かれるフォルム。アクセントとなる三宝柑の使い方など、絶妙な技法で描かれている秀作となっています。掛軸買取では、佐藤晨の作品にも多くの人気が集まります。旧号であっても、その作品によっては高価な価格がつけられています。後に創画会に所属し会員となり、後進の育成にも尽力を尽くした佐藤晨は、多くの人々に愛され、そして愛し続けていた慈愛の作家だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ