掛軸 入江波光

入江波光

掛軸画家 入江波光は1887年に生まれた、画家です。“光の画家”と、呼ばれる美しく淡い光の使い方は、繊細で柔らかく、そして芯の強い画風が定評があります。入江波光は、京都市の上京区に生まれています。幼い頃から、日本画家を目指しており、京都市立美術工芸学校に入学して基礎を学びます。さらに、より研磨をしていく為に、京都市立絵画専門学校研究科に入学、在学中にも竹内栖鳳らに師事しており、才能を磨いて行きます。ここでは、入江波光は常に絵画に触れる仕事を選ぶために、卒業した京都市立絵画専門学校で助教師になります。当時は、基本的には古画の模写を中心に当たり、様々な絵画を描き続けます。そして、個人としても絵を描き続けていた入江波光は、国画創作協会展に出品。なんと、『降魔』が国画賞を受賞することとなり、新しく日本画家としての人生をスタートすることとなりました。数々の賞を受賞する入江波光ですが、彼の作品をより高みに上りあげたキッカケとして、ヨーロッパへの旅が大きいでしょう。入江波光らは当時、外遊の最中に目にした、イタリア初期ルネサンスの美術に感銘を受けます。特に注目したのが、フレスコ画の魅力。このフレスコ画を見た入江波光は、完全に作風を変化させていきます。この、影響を受けて描かれる作品「南伊太利トルレデルグレコ」などは、まさに洋画の素晴らしいところをより洗練させ、さらに入江波光の持つ独特の光の使い方を描き出した1枚でしょう。しかし、常に成長を続けるため、活躍の場であった国画創作協会の解散。定評のあった、画風は姿を見せることが無くなります。親友村上華岳がこの世をさってから、ついに法隆寺金堂壁画模写に没頭します。この、時の入江波光は神が乗り移ったかのように、近づけない異様な雰囲気を出していたといいます。入江波光は、画家として、最高の人生、そして自らの描くもの、様々な世界を味わった類い稀なる画家でした。これからも、永遠に語り継がれていく、そんな芸術家でしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ