掛軸 前田青邨

前田青邨

独特の画風で、自らの芸術様式を作り上げた岐阜県を代表すす画家、掛軸買取 前田青邨。日本画の発展に大きく尽力をしていき、文化勲章も受賞しています。前田青邨は、1885年に岐阜県中津川市に生まれます。食料品屋を営む家系に育っています。1898年には 上京し京華中学校に入学しているのですが、体が悪く、結果的に中退ということになります。そこで、自分が絵画への興味があることを確認。再度上京を果たすこととなります。その上京先では、尾崎紅葉の口利きで梶田半古に師事し、絵画の基礎を学んで行くこととなります。「青邨」の雅号を貰いうけた前田青邨は、そこから本格的に絵画の道へと猛進していきます。1907年には、 紅児会に三画。今村紫紅や小林古径、安田靫彦などと日本画への研究を続けています。1914年には、日本美術院の再興とともに同人として推挙されます。様々な活動を続けて行く中で、前田青邨が衝撃を受けるのが、アッシジで出会う、ジョット・ディ・ボンドーネの壁画などイタリア中世の絵画でした。この刺激を元に作製されてい中国・東晋の名画「女史箴図巻」を模写作品。大きな反響を呼ぶこととなります。そして、帝国美術院会員となった同年には、御即位記念献上画「唐獅子」を制作しまず。大和絵などの伝統的なものから、花鳥図など、その残された作品は様々で、どれも独特のタッチと構図で描かれる秀逸なものばかりです。 現役の画家としてだけでなく、文化財保護委員会専門審議会委員に就任したり、東京芸術大学日本画科主任教授など美術界の発展にも貢献を重ねて行きます。その功績が讃えられ、1955年に、文化勲章受章を、同年、文化功労者。さらに、その受賞を踏まえて中津川市名誉市民とまでなるのです。その後も様々な団体の評議員を努めたり、法隆寺金堂壁画再現事業総監修に就任するなど、広く活躍を遂げて行きました。そんな前田青邨の作品は掛軸買取においても、非常に有名です。高価な価格で今なお取引されています。伝統的な日本画に新しい何かを取り入れ、躍進を続けていった前田青邨。彼の活動は日本美術界において、大きな役割を担っていたのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ