【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 加倉井和夫

加倉井和夫

横浜出身であり、世界的を旅して自らの芸術を作り上げた掛軸画家が加倉井和夫です。加倉井和夫は、1919年に横浜で生まれ、幼少の頃から様々な美術に興味を示しては、将来画家として生計を立てて行くことを夢見ていました。そして、上京をし東京美術学校日本画科に入学。絵画の基礎を学び始めていきます。そして、1944年に東京美術学校日本画科を卒業後、第3回日展に出品した「林」が初入選を果たすこととなります。その後も日展で受賞を続けて行くのですが、自らの芸術をより高めていくために、1957年に山口蓬春に師事をします。より研磨を重ねて行く加倉井和夫は、その翌年の1958年の第1回新日展に「流」を出品。なんと、初の特選・白寿賞を受賞することになったのです。名声を手に入れた加倉井和夫ですが、決して奢り高ぶることは無く日々研磨を続けていき、1961の第4回新日展に「路地」がまたも特選を受賞するという栄光を手に入れるのです。その後も、1974第の6回日展では「白隴」が内閣総理大臣賞を受賞し、 1981前年に行われた、第12回日展出品作の「青苑」では第37回日本芸術院賞を受賞するなど、日展での活躍は日本中が知る程になります。結果、日展理事となり、その後の美術界へ大きな貢献をしていくこととなるのです。そんな、加倉井和夫なのですが、白を貴重とした洋画にも強い影響を受けた清冽な作品を多く残してることでも知られています。1970年には中近東やヨーロッパを旅行し、より新しい自らの美術表現を模索。さらに翌年には、最初の個展を彩壷堂で開催しています。1977年にもギリシアなどヨーロッパを旅行しており、個展「わたしのエーゲ海」も開くなど、世界旅行をキッカケに様々な個展も開いていました。そんな加倉井和夫の作品は、掛軸買取でも非常に高い評価があります。その鮮烈なタッチは誰もが目を奪われるものです。自らの芸術だけを信じて、数々の名誉を手に入れた芸術家加倉井和夫。彼の歩んだ道こと、充実の画家人生だったに違いありません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談