掛軸 加藤東一

加藤東一

兄と共に、故郷である岐阜県を自然を描き続けた掛軸画家、加藤東一。1916年に漆器商加藤梅太郎・ため夫妻のもとで、五男として生まれた加藤東一は、兄の加藤栄一と共に有名な日本画家として知られています。兄が先に絵画への興味を示していき、その興味をより深く追求していく為に、東一も上京をしていきます。そして、絵画への基礎を深めて行くため、東京美術学校日本画科に入学をします。様々な基礎を東京美術学校で学んだ加藤東一は、その才能は早くに開花していきます。東京美術学校日本画科を卒業ます。しかし、ここから独りだけの画業を行って行くのでは無く、山口蓬春に師事をしていきます。より、自らの芸術に研磨をした加藤東一は、第3回日展に「白暮」を初出品します。そして、その作品が何と初入選を果たすのです。その入選を機に、加藤東一は数々の賞を受賞していくことになります。第8回日展なのですが「草原」で、この早さで特選を獲得します。さらには、この日展でも活躍を続けるきっかけとなるのが、第11回日展で「砂丘」が特選白寿賞を受賞することになるのです。そして、改組第2回日展でも「残照の浜」を内閣総理大臣賞を受賞。日本画家として、最高峰の名誉を手に入れて行くのです。そんな、加藤東一の代表作と言えば「鵜飼」でしょう。青く、夏の夜独特の漆黒ではない幻想的な夜の空に、長谷川に反射する鵜飼の火がまさに情景を捉えています。伝統的な行事を神を宿したかのような、そんな魅惑的で不思議な魅力をもつこの作品は、非常に多くの人々を魅了しました。そして、「春雪不二」。そびえ立つ山の白さを際立たせ、さらにその幻想的な空との構図に対比などが、加藤東一の良さを全て出している秀作となっています。第1回岐阜市民栄誉賞の受賞、日展顧問となった後に、岐阜市名誉市民となるなど、故郷への大きな貢献も加藤東一を知る上では非常に重要な事です。掛軸買取に関しても、雄大な山々を描く作品に鵜飼など、評価が高い作品が多くあります。岐阜という故郷をモチーフに、日本美術が誇る秀作を次々に生み出した天才画家、加藤東一。彼の功績こそ、我々が忘れてはならない大切なものなのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ