掛軸 北野恒富

北野恒富

艶麗な美人画を描き、その世界感で見る人々を魅了し続けた掛軸画家が北野恒富です。そんな北野恒富は1880年に、石川県金沢市十間町で加賀藩士族の北野嘉左衛門の三男坊としてこの世に生を受けます。北野恒富は幼い頃から非常に絵を描くことが好きで、様々な絵を見よう見まねで描いていたと言われています。小学校を卒業した後、銅版木版書画の版下業を営んでいた西田助太郎に入門。版下彫刻に従事しながら、その感覚を磨いて行きます。勉強熱心でもあった北野恒富は、寺の住職からも漢字であったり南画であったりと、様々な学問を学んで行きました。版画の技術を上げて行くためにか、北野恒富は版画の職場を次々を変えて行き、結果的に北國新聞の彫刻部に勤めることで腰を落ち着かせます。そして、その仕事の傍らではありますが、新聞の挿絵を研究などしていました。絵画への情熱を捨てることができなくなった北野恒富は、18歳の時に大阪で稲野年恒に師事します。そこで、浮世絵などの流れを汲む日本画の技術を学んで行き、結果的には何と文展に入選を果たすこととなります。幼い頃から絵画などに親しんでいた北野恒富だけに、その才能が発揮されるのも早く、世間でも一際注目を集められることとなっていきます。さらに、横山大観に師事、野田九浦の知遇などを得てから、より本格的に画技を研磨していきます。アールヌーヴォーなどの影響を受けたりした北野恒富は、伝統の枠組みに固まること無く、より洗練された絵画を描いていきます。結果的に、多くの美人画を残すこととなり、国内外でも高い評価を得ることになるのです。北野恒富の代表作の「三味線」も、梅の木を背景に妖艶な女性が三味線を持つ姿が、繊細なタッチで描かれた秀作です。掛軸買取においても、北野恒富の作品は非常に評価が高く人気となっています。幼少から、絵画という世界に触れ合い続けて、自らの才能を開いた天才画家北野恒富。彼の軌跡のは、芸術家そのものだったのではないでしょうか。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ