【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 吉岡堅二

吉岡堅二

西洋的な技法を伝統的な日本画に融合させた画家が掛軸買取 吉岡堅二です。由緒正しい伝統的な作品を多く描いていましたが、次第に前衛的な作品を作るようになり、その名前を世界に轟かした功績も持ち合わせています。 さて、そんな吉岡堅二なのですが、東京都文京区本駒込の生まれで父は、高名な日本画壇の1人吉岡華堂でした。幼少の頃より絵画に触れる機会が多くあり、芸術的センスを自然に身に着けていきました。しかし、吉岡華堂は最初の頃には彫刻家を目指します。その彫刻家の夢はしばらく続くのですが、結果的には画家という道を選ぶようになります。画家に転向する際には、野田九浦に日本画を習います。父親譲りの才能を持ち合わせていた吉岡堅二は、日々その実力を上げて行きます。そして、1912年の帝展で初入選を果たします。この入選をキッカケに、様々な賞を受賞することとなります。1930年には帝展で特選を受賞し、美術界にその存在感を大きくアピールしました。さて、そんな吉岡堅二なのですが、新しい日本画を生み出して行く活動にも力を入れており、福田豊四郎と美術人社を設立しています。その活動は年々活発化していき、結果的には後に生まれた山樹社と新日本画研究会を編成し直し、新美術人協会という団体を作り上げます。そこでは、多くの画壇が新しい作風を求め、日本画への挑戦を続けて行き、日本美術界の活性化に一役買います。そして、新制作協会日本画部などと名前を変えながらも、創画会として落ち着くことになったのです。吉岡堅二の美しく淡いタッチで描かれる作品は、洋画のテイストも織り交ぜたような、独特の筆遣いと色使いで描かれます。斬新な作風でありながら伝統的な日本画の良さをバランス良く残しており、日本芸術院賞など名誉ある賞も受賞しているのです。掛軸買取に関しても吉岡堅二の作品は、高価買取となります。東京芸術大学中世オリエント遺跡学術調査団として、カッパドキアなどを調査した経験など、多岐に渡る美術への貢献をしていった吉岡堅二。自らの名誉だけではなく、その広い視野で描かれる芸術人生こそ、彼が支持され続ける秘密でしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談