掛軸 吉田善彦

掛軸 吉田善彦

吉田善彦

古めかしい町並みに寺院など、郷愁を誘うようなモチーフを独特なタッチで描き続けた画家が掛軸買取 吉田善彦です。優しく柔らかいタッチで描かれる作品の多くは、美しいだけでなく、彼の人柄を垣間見えるような温和さもみることができます。吉田善彦は、1912年に東京で生まれいます。絵画に興味を示していた吉田善彦は、従兄弟であった速水御舟に師事をして絵画の基礎を学ぶようになります。全てが新鮮で新しい発見の毎日であり、吉田善彦は真面目に絵画へと取組んでいたのですが、その速水御舟が他界してしまいます。しかし、画家になる志を持った吉田善彦は、その後に小林古径へと師事することになります。そして、1937年に行われた第24回院展へ「もくれんの花」を出品。見事、初入選することとなるのです。入選の年に、小林古径に師事を始めたことで、より応用的に絵画への研鑽を重ね続け、才能の伸ばし続けていきます。この入選をキッカケに様々な名誉ある賞を数々受賞することになるのですが、戦地へ赴くことになり絵画生活は一旦休止せざるえなくなってしまうのです。しかし、その実力は戻った後でも発揮され、結果的に美術界に名を馳せる活躍を続けていったのです。吉田善彦は、基本的に院展を中心に活躍していました。奨励賞や白寿賞、そして院展同人に推挙されるなどがあります。年を追うごとにその実力と名声も高まっていき、1973年には院展文部大臣賞を受賞。1981年には、院展総理大臣賞を受賞する快挙を成し遂げます。そして、翌1982年においては、日本芸術院賞に選出されるなど素晴らしい実績を手に入れるのです。現役としても広く活躍をしていた吉田善彦なのですが、東京藝術大学で教鞭も振るっています。後世の教育にも強く力を傾けていたことで、非常に活動の評価が高い画家の1人としても有名なのです。掛軸買取においても、その温和な雰囲気を漂わせる美しい吉田善彦の作品は、高価買取となります。自らの芸術を貫き通しながらも、常に美術界のことを考え続け、結果を出した吉田善彦。近年、彼の存在こそが、現在の美術界には重要であったことがより分かるのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ