【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 向井久万

向井久万

「人体を描く」を生涯のモチーフにし、様々な研究を重ね続けていった画家が、掛軸買取 向井久万です。勿論、風景なども描きましたが、色使いや構図、その美しい筆遣いなどは人間の体を表現するために養われた天性のモノだったのです。1908年に大阪泉南郡上之郷村に生まれます。この街には、森嶋忠夫という大画家もいましたが、その森嶋忠夫と同時期の生まれたことでも知られています。岸和田中学校を卒業後、絵画への道を志した向井久万は、官立京都高等工芸学校の図案科に入学。高校生の頃より、絵画への専門的な知識を身に着けます。専門的な学校でもあったためか、その後は進学を選ばず就職。日々、忙しい日々に追われます。しかし、画家という道を諦めきれなかった向井久万は、その職場を離れます。そして、関東に身を移し新たな生活をはじめることとなります。西山翠嶂に師事をし、より研鑽を積むようになり、新文展、様々な公募展に出品を重ね、入選を繰り替えしていくことになります。日本画の伝統を重んじながらも、新しい日本画の世界を生み出すべく、山本丘人、上村松篁に福田豊四郎や吉岡堅二らと創造美術を設立し、美術の持つ新たな世界に挑戦をしていくようになります。彼の描くメインモチーフは人体であり、多くの人体を描いた作品があります。繊細な筆遣いに、妖艶さも現す陰影。そして、極限までに写実的なラインを敢えてバランス良く描くことで起きる独特の世界観。こうした、全く想像のできない、新たな道を日本画に加えることにより、日本画の新しい境地を生み出したと言われているのです。また、そんな人体画も納得いく作品ができると、晩年にかけて、仏をモチーフにした作品を描くことになります。神々しさの中にある、人間的な魅力を加えられたのは、やはり人体画を描き続けていたことに関係しているでしょう。さて、そんな向井久万の作品は掛軸買取のおいても非常に人気があり、高価買取となります。未だかつて無い、新しい日本画への挑戦を辞めなかった向井久万。彼の残した功績こそ、後世に渡り継がれて行くことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談