【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 土田麦僊

土田麦僊

洋画に影響を受けながらも晩年は新古典主義的作風を生み出し、独特の世界観を作り出した画家、掛軸買取 土田麦僊。彼によって芥子に芍薬、朝顔や蓮、菊などなど、季節の香りを届けるようなものをモチーフにした作品が多く描かれました。1887年に、新潟県佐渡郡新穂村にある農家の息子として生まれた土田麦僊は、自由奔放に育ち、絵画での生活を夢見ながら日々を暮らしていきます。そして、本格的に絵画の道を際得るために、1904年には、日本画の画壇である竹内栖鳳を果たします。 この場所で日本画の初歩を学んで行きますが、より研磨を重ねて行くために上京。京都市立絵画専門学校に入学し、より高いレベルで鍛錬を重ねています。そんな土田麦僊は、学生時代にゴーギャンなど洋画に強い影響を受けていたこともあり、前衛的な絵画運動の促す、仮面会(ル・マスク)を結成しています。 また、黒猫界など新しい日本画を目指す団体などにも積極的に顔を出していきました。さて、そんな土田麦僊ですが、より新しい日本画の未来を創り上げるべく、同校出身者の村上華岳と榊原紫峰、小野竹喬。さらには、野長瀬晩花らとともに国画創作協会つくります。在学中より文展に出店を続けていた土田麦僊なのですが、その審査基準などに不満を持ち、自ら新しい運動を始めていったのです。以後、国画創作協会の第一回展から7開展まで精力的に作品を出品し続け、結果的に国画創作協会の中心人物として名を馳せて行ったのです。そんな、土田麦僊の代表作でもある「黄蜀葵」は、シンプルでありながら、独特な印象派を思わせるタッチで描かれています。 色調も抑えめに描かれた品格の高い秀作として、今でも高い評価を獲得し続けています。ただ、欧州旅行などで、新しい刺激と技術を仕入れながらも、晩年は内向的な古典主義な作品を描いていたといいます。掛軸買取に関しても、この土田麦僊の作品は非常に人気が高く、高値で取引されています。常に日本だけではなく、外へ目を向け続けた新進気鋭の画家、土田麦僊。彼の功績こそ、讃えられるべきものだったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談