掛軸 堀文子

堀文子

自然の中のいのちを描き続け、その言葉にも多くの影響力を持ち合わせていたのが、掛軸買取 堀文子です。画家として、真剣に芸術と向き合い、そして孤独や悲しみ、楽しみなどを絵画に込めて描き続けた日本を代表する女流作家です。そんな堀文子が、1918年に東京都麹町区平河町に生まれます。画家という道を志したことから、絵画の基礎を学ぶために女子美術専門学校師範科日本画部に入学。基礎から絵画を学び続けます。1938年には、女子美術専門学校在学中の身でありながらも、第2回新美術人協会展へ出品した作品が入選を果たすこととなります。その後、女子美術専門学校師範科日本画部を卒業した後には新美術人協会会員になっており、活躍を続けることとなります。堀文子の作風は様々な影響を受けて変化を遂げて行きます。初期のことは挿画などを描いており、様々な作品を残していることで知られています。また、外交官であった夫を43歳の頃に亡くしてからは、より洗練された作品を手掛けることとなります。1961年より1963年にかけて、世界各地を廻る旅に出掛けて行くのですが、そこでシュルレアリスムなどの影響を離れる決意をします。結果的に、伝統的な日本画への回帰をはかることとなります。現役を貫き通す堀文子は、創画会の結成に参画するだけでなく、多摩美術大学日本画科教授としても活躍を果たします。フットワークの軽かった堀文子は、軽井沢にアトリエを設けながらも、また世界へど旅立ちます。1995年には何と、アマゾン川、マヤ遺跡・インカ遺跡にスケッチ旅行に出掛けているほどでした。さて、そんな堀文子の作品の多くは自然のいのちをモチーフに描いています。風景画は勿論ですが、海の中で生きる静物などを繊細に描き、その温かみと力強いメッセージ性で、多くの人々を魅了し続けていきました。花を描いた作品が得に評価が高く「花の画家」とまで言われるほどの腕前でした。掛軸買取に関しても堀文子の作品は、非常に高価とされています。美しさを苦しみから見いだし、そして生きることを描き続けた画家、堀文子。彼女の人生こそ、最高の芸術家に相応しいものダッタに違い有りません。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ