掛軸 堂本元次

掛軸 堂本元次

堂本元次

その美しくも郷愁を誘う美しい作品を描き続け、京都画壇として名を馳せた画家が、掛軸買取 堂本元次です。叔父に堂本印象を持ち、京都代表する画壇兄弟としても有名でした。1923年に京都に生まれた堂本元次は、画家を目指し1943年に京都市立絵画専門学校に入学をしています。そこで、絵画の基礎を一から学び数多くの作品に触れてチカラを身につけて行きます。しかし、その画学校を卒業後には学徒出陣で出征。さらには、広島への原爆投下の際に被爆しまいます。このことで、生きることへの苦境を課されますが、やはり絵画への情熱が勝り、この状況でありながらまた絵画への道へ進むことを決めました。それからというもの、必至で絵画へのめり込むこととなった堂本元次。1947年の第3回の日展へ出品をした「石庭」でついに初入選という快挙を手に入れます。その快挙をキッカケに、より絵画へのめり込み研磨を続けて行くことなります。堂本印象に師事をし、自らの芸術を昇華させます、1960年に第3回日展菊華賞、1963年には日展会員として推挙もされます。数々の作品は、風景を切り取り独特の哀愁漂う、堂本元次の人間性を現すような美しも、どこか切ない雰囲気の漂う秀作です。若干、トーンの暗めな寒色系で納められることで、より世界観を強調するような、そんな作品になっています。さて、そんな堂本元次なのですが、日中文化交流使節団としても活躍しています。海外でも非常に評価が高いということで知られており、1982年に受賞する第14回日展内閣総理大臣賞「土匂う」も、この功績などが認められてのことでしょう。1997年に京都府文化賞特別功労賞、2000年には京都美術文化賞など、とにかく華々しい経歴を持つ、日本を代表する画家の1人だったのです。さて、そんな堂本元次は掛軸買取に関しても、非常に評価が高いことで知られています。堂本印象とはまた違う、当たり前の日常を素朴ながら美しく描き続けた堂本元次。彼の生きた証は、作品を通して永遠に語り継がれて行くことでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ