掛軸 奥村土牛

掛軸 奥村土牛

奥村土牛

掛軸画家 奥村土牛は、1889年に日本に生まれました。名誉ある賞を数々受賞しており、日本画壇の最高峰に位置している、画家としても知られています。出版社を営む父が、寒山詩の一節「土牛石田を耕す」を、名前に付けたなどと言われています。皇居に飾られている「富士山図」が特に有名であり、その微妙な色加減や構図などの見事さは、秀作と呼ぶに相応しい芸術作品とされています。奥村土牛は、東京都の京橋で生まれています。16歳という若さで画家としての人生を決意しており、その後で梶田半古塾に入門します。ここで、絵画の基礎を習い、さらにその後、塾頭の小林古径に直接師事をする事になります。そこから、10年以上なかなか賞などに恵まれる事が無く、苦しい時代を過ごして行きましたが、「胡瓜畑」がついに、院展初入選を果たす事になります。その入選をキッカケに、奥村土牛の実力が広く日本中に知れ渡ります。その後、活躍の場を広げて行った奥村土牛は、1929年に再興第16回院展における「蓮池」が好評価を得ます。そして、この時に日本美術院院友に推挙されるという、快挙を成し遂げるのです。そして、その後は出品の度に入選を繰り替える事となっていきます。「信濃の山」では、文展出品後、なんと、政府の買上となった程です。数々の名作を残し続けることとなった奥村土牛ですが、自らの作品を描き続けるだけでなく、日本美術界の後進の指導にも力を入れて行きます。1935年に、帝国美術の日本画科教授に就任します。そこで、自らの芸術に対する思い、さらにその技術を多くの生徒に享受していきます。活躍をし続ける奥村土牛でしたが、空襲により家が焼失。そのまま、長野へと疎開します。現在でも、その故郷である場所では美術館が有り、奥村土牛の越した名画を多く保存しています。101歳7ヶ月という、大往生でこの世を去った奥村土牛。彼の残した、日本の宝や精神は、現在の美術界にも大きな影響を残し続けているのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ