掛軸 富岡鉄斎

掛軸 富岡鉄斎

富岡鉄斎

独創的な表現力を駆使し、数々の秀作を生み出し続けていった希代の画家、掛軸買取 富岡鉄斎。東洋画の伝統的である山水画を描いて行く中、仙境図と呼ばれるような富岡鉄斎独特の世界観を生み出したことでも、広く知られています。そんな富岡鉄斎は、1836年にきょう京都の法衣商十一屋伝兵衛富岡維叙の元に生まれています。耳が多少不自由であったというハンデを持ちながらも、勉学に励んむ彼は、15歳の頃から、国学や勤王思想、陽明学、詩文など様々な分野に視野を広げ、勉学に励みます。そして、絵画への思いも募り、南北合派であった窪田雪鷹と大角南耕に絵画の基本を学んで行きます。さらに、南画も学ぶために小田海僊に師事。さらには、大和絵を浮田一蕙に学んだとも言われています。さて、そんな富岡鉄斎が、画業一本で生活をしていくことになるのが、山中静逸と出会いでした。この出会いがあり、私塾を解説しています。画家としての顔もありながら、一方では神宮なども努めていた富岡鉄斎。大和国石上神宮や和泉国大鳥神社で、神宮業を営んでいたことも有名です。「万巻の書を読み、万里の道を往く」を合い言葉に、様々な地方を訪れては、数々の作品を描いて行ったといいます。そんな、富岡鉄斎の作品は歳を重ねるごとに大きな評価を獲得していきます。京都青年絵画研究会展示会の評議員や、京都美術協会委員、さらには京都市立日本青年絵画共進会顧問なども歴任しており、非常に充実した画家人生を送ります。さらに、1920年には聖徳太子御忌千三百年記念美術展において「蘇東坡図」なども出し、名実共に日本美術界に大きな影響を与えていた人物の1人だったのです。もちろん、文人ともしても名高かった富岡鉄斎は、文人画を基本にした、数々のな絵画様式を融合させた、創造的な独自性で作品を生み出し続けて行ったのです。そんな、富岡鉄斎の作品は掛軸買取においても非常に評価が高い事で知られます。未だ、非常に高価な価格で取引され、これからも注目の画家となることは間違えありません。天才的な創造力に、深い文学への愛。様々な功績を残しながらも、最後まで芸術家を貫いた最後の文人画家こそ、富岡鉄斎だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ